潜入!蜂蜜の村2

カートの中を見る

 
  潜入!蜂蜜の村2

潜入!蜂蜜の村2

  「ネパールの美味しいハチミツが採れる村に行ってみたい!」という企画。
2011年に行った企画「潜入!蜂蜜の村」が好評だったので、調子にのって第2弾を決行いたしました。
(第1弾の「潜入!蜂蜜の村 チュリ編」は、こちら!)

今回は、ハチミツルディロをフューチャーしました。
あの爽やかな香りのハチミツが、どんな所で採れるのかレポートいたします。

前回(2011年のチュリの村)と違って山を登ったり川を渡ったりはなく、直接村まで車で行くことが出来るとの事。
「これは今回は楽勝だな〜」なんて気分で、企画がスタートしました。

はてさて、どうなることやらなのです。








 
   
  メンバーは前回と同じおじさん3人組。
今回は経費節約ということで、車&ドライバーさんをチャーターせず、グルンさんの自家用車でカトマンズから出発することにしました。

ルディロが採れるフィールドは2ヶ所あるそうなので、まずカトマンズから8時間ほどかけて第1のフィールドがある村に行きます。
この村と村の周辺には宿泊するところがないようなので、一旦チトワンという町へ移動して一泊、翌日に第2のフィールドを目指す計画です。


       
       
  前回より確実に1年分体力を落としての登板です。   車で行ける事に内心、ほっとしているプレムくん。   今回は愛車と共に登場の、グルンさん。  












カトマンズ、朝6時。グルンさんの愛車で出発です。 車内はこんな感じ。私遠藤は後部座席から撮影です。 後部座席からの風景。
     
走り出して1時間弱。カトマンズから出て山道に入ります。 山道の走行が長時間にわたって続きます。集中が大事ですね。 山道に入った所の売店で、最初のプチ休憩です。
     
甘くて温かいチャイ。うまい! 今回、僕たちを運んでくれるグルンさんの愛車です。 あれ!?後部座席のガラスがない。
急場しのぎのビニールが張ってあります。
     
   
グルンさんによると出発の数日前に、車上荒らしにあったそうです。

かわいそうー。
よく見るとカーステレオがありません。   うーむ。これは事件だ!とパシャリ!
     
ついでに山道もとパシャリ! そんでもって、こちらもパシャリ! 「遠藤さん、何やってるの。出発するよ。」
「あー、待ってー」とじたばたする僕。
     
出発から3時間ほどで、小さな町が出現。ここで少し遅めの朝食です。 道沿いにはいろいろなお店があります。 こちらは、移動式の魚屋さん。
ワイルドですね。
     
このお店で、朝ごはん。
なかなか立派なお店です。
 
もー、お腹ペコペコです。    
     
何を食べるか悩む姿。真剣です。 何を食べるか悩む姿2。
プレム君も真剣です。
うーん。美味しそう。











朝ごはんも食べて、エネルギー充電完了。元気に山道ドライブ再開です。 片側が山、もう片側は川というコースが、延々と続きます。 油断すると危険です。
集中です!集中!
     
 
道中で見かけた子供たち。 大量の草を運ぶお母さん。
たくましいです。
 
     
出発から5時間ほどで、前回も来た街道の町に到着。 小さな町ですが、いろいろな町に通じる街道の基点になっています。 1年ぶりに、この町にやってきました。
なつかしー。
     
グルンさん、ここで蜜柑購入。
あれ、デジャブか!?

確か、去年もここで蜜柑買ってたなー
蜜柑好きだなー。   峠の町を出ると、またまた山道。
連続カーブで、お尻がおかしくなってきました。
     
峠の町を出て1〜2時間経過。
目的のフィールドのある村に近づいてきました。

コースも街道の山道を逸れて、舗装されていない道に入りました。
道に迷う度に車を停めて、地元の人に村の位置を聞きながら車を進めて行きます。

うーむ。もう、近いはずなんだけどなー。
車を停めて地元の人に道を尋ねていると、向こうから何かが近づいてきました。    
     
おっ!バスだ。 す、すっごい砂煙です。 マスクしてて良かった〜
     
地元の人のアドバイス通り車を進めます。
とってものどかな風景になってきました。
この道で、あってますように! ここまで、ずいぶん走りました。
     
   
この道であってるよね。って感じです。    











どうやら道はあっている様子。
一安心です。
長閑な風景がつづきます。 農家が点在する自然豊かな地域です。
     
村の手前に小学校がありました。
校庭には、先生と生徒たちの姿を発見。

写真を撮っていいよ。との事なので、気を良くした僕は撮影開始!

突然現れた外国人(僕)にカメラを向けられた子供たちのテンションを、私は侮っていました。
小学校発見!   怪我をしている様子の彼は、見学なのかな?


  僕が子供たちにカメラを向けたことによって、子供たちのテンションが上がって行く様子をお楽しみください。

以下、僕が撮った子供たちの写真(●僕カメラ)と、子供たちの様子を撮っている僕の写真(■プレムカメラ)の同時進行でお届けします。


■プレムカメラ ■プレムカメラ ■プレムカメラ
はーい、撮るよー   おー、なんか、
みんなが近づいて来たぞー
     
●僕カメラ ●僕カメラ  
 
おー何だ、何だ。    
     
     
     
     
     
■プレムカメラ ■プレムカメラ ■プレムカメラ
     
 
●僕カメラ ●僕カメラ ●僕カメラ
     
     
     
     
     
   
■プレムカメラ ■プレムカメラ ■プレムカメラ
    近づきすぎて、撮れないってば。
     
●僕カメラ ●僕カメラ  
 
  近いー!  
     
     
     
ちなみにこの時、先生は半笑いでした。  











学校でもひと騒ぎも収まり、僕たちは再び蜂蜜の村を目指して出発です。 しばらくすると集落が見えてきました。 蜂蜜のフィールドを管理している村に到着。
     
蜂蜜ルディロの採集をしている村に到着。
養蜂場は、この村の周辺にあるようです。

カトマンズからは7時間ほどかかりました。
車で来ることが出来るので楽勝だと思っていたのですが、長時間のガタンガタン山道攻撃でお尻と腰が痛いです。
長閑ですね。 メー  
     
村人と遭遇。おー、ネットを装着している! 慌てて僕もネットを借りました。 恐る恐る巣箱を見学です。
     
巣箱を開けておられます。 何やら煙を吹きつけています。
煙の正体は下の写真でご紹介。
煙で蜂が逃げた隙に、蜂蜜ゲット。
蜂だらけですね。
     
先ほどの煙の正体は、手持ちの器具の中でおがくずを燃やして発生させています。

煙で蜂を燻りだして、蜂蜜を採集するのですね。
おがくずです。   蜂蜜ゲットです。
     
しばらくすると、村のやさしいそうなお母さんに呼び止められました。
ちょっと、僕に見せたいものがあるそうです。

何だろう。
僕を呼びとめる村のお母さん。   「子牛が生まれたのよ」とお母さん。
「おめでとうございます」と僕。
     
可愛い子牛も見せてもらったところで、いよいよこの村の養蜂しているフィールドへ出発です。
村を抜けてフィールドを目指します。 大自然の中をしばらく徒歩で進みます。  
     
歩いているだけで気分がいい、大自然の風景です。 フィールド到着! たくさんの巣箱が並んでいます。
     
そしてこれがルディロの花。
ここから、あの爽やかな蜂蜜が出来るのですね。











  初日に行ったルディロの村とその周辺には宿泊施設がないので、僕たちは2時間ほどかけてチトワンという町へ行きました。

この町は、ネパール紹介のページ「ネパールってどんな国」にも記載していますが、動物保護区の国立公園になっています。
世界遺産でもあるので観光客も多く、ホテルなどもたくさんあります。
今回もチトワンで動物観察にチャレンジしました。
そのレポートは、「ネパールってどんな国」にてご紹介させていただいております。併せてお楽しみください!
「ネパールってどんな国」はこちら。


今夜の宿は、川沿いのホテル。
ホテルリバーサイド。

うーん、そのままだー
ホテルはリバーサイド。
川沿いリバーサイド。
  ホテルの裏手は、ほんとにリバーサイド。絶景です。
     
ふと横見ると、グルンさんが寝ておりました。

そりゃそうですね。
あの山道を一日中運転したのですから、クタクタのはずです。

それとも、盗まれたカーステレオの事を思い出しているのでしょうか。
もし、そうなら切ない事です。
     
     
翌日は、早朝からチトワン国立公園に行ってきました。 今回は、リバークルーズにチャレンジ! 詳しくは、「ネパールってどんな国」へ。











  2日目です。
この日に行くルディロのフィールドはかなり分かりにくい所にあるそうで、案内人がいないと到達できないとの話でした。

この朝、グルンさんから「午前中は時間的な余裕があるよ」と言われたので、僕とプレム君はリバークルーズに出かけました。
僕たちがリバークルーズから帰ってくると、案内人と連絡がつかないとの話。
「リバークルーズから帰ってくるのが遅いから、出かけちゃったみたいだよ」とグルンさん。
「いやいやいや、時間があるから大丈夫って言ってたじゃない」と僕。

その後、無事に案内人と連絡がつき事なきを得たのですが、一時はどうなる事かと思いました。ヒヤヒヤです。


2日目スタートです。

この時点ではまだ、案内人と連絡が付いておらず、車内には不穏な空気が流れていました。
「どうする。このまま案内人がつかまらなければ、カトマンズに帰るしかないぞ。」的展開になっておりました。
     
     
その後、なんとか案内人の所在地が判明。 慌てて案内人のピックアップに向かいます。 その後、無事に案内人と合流。


  案内人の指示に従って車を走らせると、どんどん町を離れ大自然の中へと向かって行きます。
フィールドに着くまで、あっちへ曲がったりこっちへ曲がったりと、これは案内人がいないと到達できないなと思いました。


道がすごくなってきました。 ここは何処なのだろうって感じです。 いきなり車を停めてプチ休憩しても、大丈夫なくらいの場所です。
     
地元の働く女性たち。薪などを運んでおられました。 彼女が運んでいるのは、丸太!? 大自然です。気持ちいい!
     
さあ、フィールドまではもう少し。 大自然の中を進んで行くと、突然鉄の扉が出現。なんだか、秘密基地みたいです。 鍵をあけて扉を開いて。
     
 
車ごと中に入ると。 おー、ハチミツフィールドだー!!  











蜂のブンブンという羽音が聞こえてきます。Tシャツで大丈夫かな― おっ!誰かいる!? 犬と子供たちです。
     
 
どうやら、大人が僕たちを迎えに行っている間お留守番をしていたようです。 みんなで記念撮影。
早速、写真チェックです。
 
     
ずらりと並んだ巣箱。 蜂がいっぱい!当たり前ですね。 Tシャツでパチリ。この時点では、蜂の恐怖がかなりマヒしています。
     
こっちで、パチリ。 あっちでも、パチリ。 蜂だらけです。
     
よく見ると、巣箱には針金が巻かれ、蓋にはレンガがのせてあります。

理由を聞くと、最近クマが現れてハチミツを食べてしまったというのです。
プーさん出現です。

でも、針金とレンガで防げるのかなー?
巣箱に針金と、レンガ? こっちにも、レンガ!?  
     
   
「針金とレンガで大丈夫?」
って聞いてみたら、
「大丈夫、新兵器があるからね。」
との事。
この新兵器。

村の救世主になる事が出来るのでしょうか。
  新兵器です。  
     
ふと車を見ると、村の男の子が車を見ていました。
興味津津です。

かわいいですね。
興味。 津津。  
     
さあ、子供たちに見送ってもらって、出発です。 さあ、目指せカトマンズ! また来てねーって感じです。多分。











ここからひたすら、カトマンズを目指して疾走です。 当然ですが、帰りも山道です。 もー、お尻も車もクタクタのガタガタです。
     
 
車も僕たちも、休み休み帰ってきました。 なんとか、無事にカトマンズに。ほっ。  



  車で行ける村と聞いて、油断していました。何よりも自家用車で挑んだグルンさんは、もうフラフラでした。
とりあえず、無事に帰ってこれて何より。 そんなこんなのレポートでした。

次回の潜入レポート、お楽しみにー!!












ネパールから蜂蜜が届くまでの旅路   はちみつレシピ集
           
  ネパールの大自然に育まれたオーガニックなハチミツは、どんな所からどのようにして日本にやってくるのか。

はちみつの遥かなる旅路をレポートです!
    パンにつけたり紅茶に入れたりしても、とっても美味しいネパールのハチミツ。
でも、それだけじゃもったいない!

というわけで、ハチミツを使ったレシピの連載企画です。
 



潜入蜂蜜村2   ポカラの旅
         
好評をいただいた「潜入!蜂蜜の村」
調子に乗って、第二弾をレポートいたします。
    行ってみたかった、ネパールの癒しの地「ポカラ」
仕事にかこつけて行ってまいりました。
 



グルンさんに聞いてみよう   潜入蜂蜜村   ネパールご紹介
                     
  日本ではまだまだ知られていないネパールのハチミツ。

そこでネパールでハチミツを管理していただいているグルンさんに、ハチミツについて聞いてみました。
      ネパールにものすごく美味しい蜂蜜があると知った時に、「どんな所でそんな美味しい蜂蜜が採れるのかなー。」という素朴な疑問が頭に浮かびました。

という訳で、「潜入!蜂蜜の村」決行です!
      ヒマラヤなどの大自然と豊かな文化を持つ国ネパール。

そんな魅力溢れるネパールを、ご紹介させていただきます。
 





 
サイト内検索

営業時間

平日午前9時〜午後5時。日曜祝日は休業日です。

年末年始、夏季休暇及び臨時の休業日の日程は、
トップページと以下のカレンダーにて告知させていただきます。

お支払いの方法

以下の4種類からお選びいただけます。

クレジットカード決済
代金引換便(現金・カードともにご利用可能)
銀行振込(先払い)
ゆうちょ銀行

取り扱いクレジットカード

お支払手数料

クレジットカード決済は手数料無料
代金引換郵便手数料300円
銀行振込、ゆうちょ銀行振込手数料はお客様ご負担

お支払いについての詳細ページ

返品・交換

不良品あるいはご注文の品と違う商品が届いた場合

送料は弊社負担にて返品、交換させていただきます

商品の品質、管理は万全を期しておりますが、
商品が破損、不良の場合、ご注文と違う商品が届いた場合は、
商品到着後1週間以内にご連絡ください。

在庫のない商品に関しては、交換対応できない場合もございます。
商品到着後1週間経過した商品の返品、交換はお受けできません。
お客様の責任で不良が生じた商品の返品、交換はお受けできません。

返品・交換についての詳細ページ

送料について

ご注文の商品価格(税抜)が合計10000円以上の場合、送料は無料です。

送料は以下の通りです。



グリーンの地帯は、送料700円です。
レッドの地帯は、送料800円です。
オレンジの地帯は、送料900円です。
ブルーの地帯は、送料1200円です。

島嶼地区は別途お見積りさせていただきます。

送料についての詳細ページ

配送について

配送日、希望配達日のご指定について

ご注文が平日午後3時まで、土曜日正午までの場合、
翌々日以降より配送日のご希望をご指定いただけます。
(地域によって可能指定日は異なります。)

ご注文が平日午後3時以降、土曜日正午以降の場合、
翌営業日の翌々日以降より配送日のご希望をご指定いただけます。
(地域によって可能指定日は異なります。)

配達希望時間のご指定について

以下の時間帯からご指定ください

配送についての詳細ページ

個人情報の保護

ご注文時にご入力いただく個人情報
(お名前、お電話番号、Eメールアドレスなど)は、
弊社が責任を持って安全に保管いたします。
第三者に譲渡、提供など外部に流出することは一切ございません。
安心してご利用くださいませ。

個人情報の保護についての詳細ページ

会社概要

運営管理 ガーデン
583-0007 大阪府藤井寺市林4-6-18
TEL 072-955-5570 072-955-5501
E-MAIL info@shop-garden.net

特定商取引に基づく表記